FC2ブログ

国保運協要望書提出20140205

2014年02月06日 08:20

2/5日国保運協あて「国保料引き下げを求め」要望書を提出しました。本日2/6日午後2時~運協が開かれます。



2014年2月5日
枚方市国民健康保険運営協議会会長 殿
各 運営委員 殿

枚方の国保・介護保険料の引き下げを求める会事務局長
枚方社会保障推進協議会会長

平成26年度国民健康保険料の引き下げに関する要望書

 貴職おかれましては、市民の福祉向上のためにご努力のことと存じます。
 さて、2月6日平成25年度第2回国民健康保険運営協議会(国保運協)において市長からの諮問事項として「平成26年度一般被保険者に係る基礎賦課総額・後期高齢者支援金及び介護納付金賦課総額について」を審議されます。これは、市民にとっては生活と健康及び命にかかわる重大な諮問です。

市民の生活実態は、格差拡大や、所得減少、非正規労働者の増大などで深刻な事態となっており、さらに4月から消費税が8%に引き上げられることになっています。
現状でさえ収入、所得に占める国民健康保険料はあまりにも高く、高くて払えない市民も多くいます。また病院にいけず受診を抑制している市民が多くいるといわれています。

国民健康保険制度は、憲法25条に基づき、国保法第1条に明記されるように「社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的」にしているにもかかわらず、払いたくても払えない高い保険料となっています。生活を切りつめ保険料を支払い、医療費の負担もあり、安心して医療を受けられない事態が広がっています。

枚方市の国保料は、2008年度328,300円/年が、毎年値上がりし2013年度では362,400円/年の10%も上がっています。(所得200万円40歳代と未成年の子ども2人4人家族)

国保運協規則第2条は、「市長の諮問に応じて審議し、市長に答申するとともに、国民健康保険事業の運営に関する重要事項について、市長に建議することができる」と、定めています。
ぜひ、各委員の皆さまの活発なご審議により、予算時に法定外繰り入れを増やし、国保料の引き下げをすることを答申していただくよう要望します。
                                   
資料と添付資料 (大阪社保協調査)
①主な市の繰り入れ金額(予算時)
平成24年度      平成25年度
高槻市  10.36億円   12.27億円
茨木市   9.70億円    9.99億円
寝屋川市  9.24億円    9.77億円
枚方市   2.00億円    3.00億円
②2013年3月末 国保資格証明書、短期証発行状況
以上

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://007taka.blog17.fc2.com/tb.php/968-c89396a4
    この記事へのトラックバック

    最近の記事