FC2ブログ

枚方交野生健会「かけはし」2011年8月号より

2011年08月17日 12:48

枚方交野事務局長「だより」 2011年8月号より

「国はめんどうみてくれない」それってホンマ!?

Sさん(66才)は去年から生活保護を利用している。彼女は病気の為クーラーには弱い。 玄関に網戸があれば助かると思い生健会に相談。

 事務局から「保護費でつけられると思うからケースワーカーに相談してください。」と言われ、さっそくケースワーカーに相談したところ、「近所も付いてないし、国は網戸まで面倒みてくれません」とけんもほろろ。

 がっかりして事務局に報告すると「生活保護手帳の○○ページに必要な時、網戸の設置が出来ると書いてあるので今私が言ったことをそのままケースワーカーに伝えてください。」と言われ、半信半疑で「生活保護手帳の○○ページに・・・」と事務局に言われたままケースワーカーに電話すると、数分前の対応とは打って変わり「検討します」とのこと。あまりの対応の違いにびっくり。

 後日Sさんから「網戸が付けられるようになりました。実はお隣も生活保護を受けてはって、『Sさんも網戸を付けるから、一緒につけられますよ』とケースワーカーのほうからお隣に声をかけてくれはったみたいです。」と報告があり、今度は事務局がびっくり。それにしても「近所も付けていない、国は網戸まで面倒みてくれません」とは・・・。

先月の保護交渉で相談に対して正確な情報、助言を、と約束したはずですが・・・。 この問題はとにかく根気よくその都度是正を求めるしかないのかな…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://007taka.blog17.fc2.com/tb.php/695-28ee1771
    この記事へのトラックバック

    最近の記事