FC2ブログ

市民100条委員会ニュ-スより

2008年05月18日 22:41

市議会は調査特別委員会を設置し真相解明を!
市民100条委員会の談合真相解明の請願は12月に続き、3月市議会で再び継続審査に

 枚方市議会は、3月12日の議会運営委員会で共産党市議が請願を採択し、早期に調査特別委員会を設置することを求めましたが、引き続き慎重に取り扱うと「継続審査」になりました。
 この間、市議会では談合事件の全員協議会が4回開かれましたが、最初を除き、3回は議運で、2会派が質疑を求めたにもかかわらず、それを拒否するなど、一貫して真相解明に消極的な態度をとっています。
 
 3月26日調査・談合防止対策委員会に対し、市民100条委員会は、①議事録の公開②委員会の公開③市民の意見を聴く機会の設定など要望しました。
 委員会の第1回~第9回までの委員会議事録がこのほど情報公開請求で公開されました。
 設計協力疑惑の 解明を
 
 裁判の中で大林組元顧問は、談合の本命業者になるためには「工事現場の付近に土地の確保と設計業者に接触し図面を手に入れること」が条件と述べた。
 石本建築事務所は、住民監査請求による監査委員の照会に大林組に「計画図等を提示した」と回答した。

問題のある回答が寄せられた翌々日、市は初めて石本側に照会の文書を送付、この回答では「閲覧させていない」とあるが、市は「内容的に同じ」としています。この問題は談合事件に関わる重要な問題です。

損害賠償請求住民訴訟 4/18第2回公判の報告 傍聴40人で満員でした。
次回は、6/2、7/7に「弁論準備手続き」が行なわれ、その後、第3回公判です。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://007taka.blog17.fc2.com/tb.php/18-e376f4c0
    この記事へのトラックバック

    最近の記事