FC2ブログ

今、改めて公共事業を問う、国土研シンポ

2008年12月21日 05:22

国土研シンポ
住民の立場で国土を考える
 12/20日「今、改めて公共事業を問う」シンポが京都市内であった。公共事業の転換は可能か、近年の河川行政をめぐる情勢、近年の道路行政をめぐる情勢の特徴が大学教授、研究者、自治体職員の基調報告。

各地からの報告では、淀川流域委員会の攻防、川辺川ダム白紙宣言の現地から、志賀から公共事業等をやめさせる訴訟、阪神高速淀川左岸線の諸問題、国道41号宮高山バイパス問題の報告があり、粘り強く闘われている運動の報告。

国土研は、伊勢湾台風災害をきに結成された研究者、住民、自治体職員等で結成された住民の立場に立つ研究集団。現地主義・住民主義・総合主義を基本に住民運動の大きな力になっている。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://007taka.blog17.fc2.com/tb.php/145-e8a6cf68
    この記事へのトラックバック

    最近の記事