FC2ブログ

来年度、国保料値上げ否定せず!

2014年07月29日 11:35

国保問題で市と懇談

枚方の国保・介護保険料の引下げを求める会は7月28日、枚方市国保課と国保制度の改善に関し懇談、31名が参加しました。懇談は、6項目の要望に対し、順次当局から回答が行われ、それに対し「求める会」から質疑を行いました。

国保料の引き下げの要望に市は、「保険料率の決定は適切に行っている」「他市より安い」などと回答。参加者から「国保世帯は生活困窮者多く、滞納世帯も5世帯に1世帯を上回っているのに、適切にやっているとはおかしい」。

「国保は法律に書いてある通り「社会保障」の一環。他市よりも安いというが所得200万円で夫婦と子ども2人の4人家族では、年間362,400円(2013年度)、所得の18.1%であり高すぎる。隣の高槻市より3万6千円も高い」、と指摘しました。

担当課長は、「社会保障であることは間違いない」と回答しました。

また、来年度から共同安定化事業の対象医療費が、1円から80万円になり、ほとんどの医療費が対象になる。2012年度実績で試算すると、来年度は5億9千万円の赤字になる。全て国保料に転嫁し保険料を値上げするのか?

との指摘に対し、当局は「仮にそうなっても全てを転嫁できない」としながらも値上げは否定しませんでした。

次に、生活困窮者に対する保険料の減免制度の拡充については、「検討したい」と回答。また、国保料を分割して支払っている人に対し、短期証を発行し送付するのは、郵便代、人件費など無駄で、支払をしている人に対し不誠実ではないか、ただちに通年の保険証を発行すべきと強く求めた。これについても当局は、「検討したい」と回答しました。

懇談には、共産党から石村淳子市議、野口光男前市議、松岡ちひろ党市女性こども部長が参加しました。



スポンサーサイト



介護保険制度の改善の要望書提出

2014年07月17日 18:24

7/15日、市役所介護担当課に社保協などで構成する「引き下げを求める会」は要望書を提出しました。懇談を8/上旬ごろに予定しています。

2014年7月15日
枚方市長 殿
枚方の国保・介護保険料の引き下げを求める会
 
介護保険制度の改善に関する要望書

通常国会において、「医療・介護総合法」が成立しました。本法は介護保険制度創設以来の大改悪であり、「保険あって、介護なし」をより一層現実化するもので看過できません。

ついては、下記事項について改善の努力を行われるよう強く要望します。なお、要望についての懇談の場を設定されるよう要請します。



1、「医療・介護総合法」について
 ・高齢者の命と健康、介護を破壊するこの制度は、廃止するように国に要望すること。

2、介護保険料について
 ・第6期保険料の軽減のために、次の措置を講じること。
①法改正に伴い、低所得者への保険料の軽減に対し、公費投入が認められたのを受け、国庫負担の引き上げを国に要望すること。
②調整交付金の差額分は、公費で負担し、1号被保険者に転嫁しないこと。
③「減免3原則」の撤回を国に求め、保険料の減免制度を拡充すること。同時に市町村からの一般会計からの繰り入れについて干渉しないよう大阪府に要請すること。
④保険料をとりすぎてため込んだ準備基金16.6億円は次期保険料の引き下げに全額活用すること。
⑤保険料段階設定を細分化し、第1段階の保険料を基準保険料の0.3倍に引き下げること。

3、保険料の特別徴収は廃止し、納付については選択制にすること。

4、介護サ-ビスについて
 ・国の見直しのなかで、「要支援1、2」の保険給付からの排除(市への丸投げ)及び「特養ホ-ム入所」への要介護1、2の  除外は行わないこと。
 ・特養ホ-ムを大幅に増設し、待機者をなくすこと。
 ・サ-ビス付き高齢者住宅については、実態を調査し、悪質なものについては厳しく規制すること。              

5、第6期を策定する社会福祉審議会高齢者福祉専門部分科会の委員の公募を行い市民の声を反映すること。そして会議は公開とし、議事録は速やかに配架・ホ-ムペ-ジにアップすること。また、専門分科会として市民の意見を聞く場をもうけること。
以上

猛暑のなか

2014年07月17日 15:32

7/17日猛暑の中、午前9時半から子ども医療費助成署名行動を行いました。市役所前では、「もうしたよ~」という声が多く帰ってきます。食中毒撲滅キャンぺンの皆さんも気持ち良く署名をしていただきました。短時間で33筆寄せていただき、14,500筆を超えました。新しい横断幕も3枚追加されました。引き続きの署名をお願いします。



国保制度の改善で要望書提出

2014年07月16日 18:16

7/28日、国保問題で市と懇談              

7/15日市担当課に要望書提出し、7/28日懇談することになりました。
社保協などが参加する「引き下げを求める会」です。

2014年7月15日
枚方市長宛て
枚方の国保・介護保険料の引き下げを求める会

国民健康保険制度の改善に関する要望書

国民健康保険は、憲法25条に基づき、国保法1条に明記されるように「社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的」にしているにもかかわらず、高い保険料と医療費負担により、安心して医療を受けられない事態が広がっています。

国の社会保障費削減により、国保会計への国庫負担は50%から25%に半減したままです。その負担が、市民への国民健康保険料に転嫁され、依然として多くの市民にとって払いたくても払えない高い保険料になっています。

市民の生活実態は、格差拡大や、所得減少、雇用悪化など、深刻な事態となっています。収入に占める国民健康保険料はあまりにも高く、協会健保と比べてもその負担、給付内容とも劣悪なものであることはこれまでの交渉で枚方市自身が認めているところです。

加入者の現状は、生活困窮者に対する減免制度も拡充されないまま払えない世帯が多数常態化しており、また現在の一部負担金の軽減、免除制度は所得基準など要件が厳しく、申請者数も大変少ない現状にあり生活困窮者の命を守る制度とは言い難い状況です。

枚方市は、国民健康保険が生命や健康を守るための制度であるにもかかわらず、保険料の滞納者に制裁として短期証を発行し、また資格書の発行により事実上の保険証の取り上げを行っています。これら行政の対応は受診抑制を引き起こし、他市の実例に留まらず手遅れになるケースに発展する危険性も高く早急に改善することが行政の責務であります。


1、国に対し、国庫負担を元に戻すよう強く求め、また収納率に関わるペナルティーの廃止を強く求めること。
2、市の一般会計からの繰入額を増やし、国民健康保険料を引き下げること。
3、恒常的な生活困窮世帯に時限的、緊急避難的な対応も含めて減免制度を拡充すること。
また、医療費の窓口一部負担金軽減、免除制度を大幅に改善すること。
4、資格書の発行を止めることを前提に、治療中断、受診抑制の実態を把握し、要受診者には無条件に国保証を交付すること。
5、短期保険証の発行を止めること。とくに分納履行中の市民には、正規の保険証を発行すること。
6、保険料滞納者への財産調査、差押えについては法令を順守し、生活困窮状態にならないようにすること。
以上

真剣にやれば、知恵がでる!

2014年07月13日 18:47

もうしたよ~

7/13日夕方、親子劇場に参加する皆さんに、緑道で署名行動。短時間でしたが52筆の署名が寄せられました。子ども医療費助成制度の拡充をめざす枚方連絡会では、「真剣にやれば、知恵が出る」との思いで、いろんな行事に出かけて3万筆をめざし奮闘しています。

現在1.4万筆を超えました。もうしたよ~との声も多く聞かれました。引き続きのご協力をお願いします。


 市民会館大ホ-ル横の緑道での署名行動

最近の記事